さまざまな場面に合わせたシールラベル

水に強いシールラベルと使い方

シールラベルを使う場面は様々ですが、日用品にシールラベルを貼りつけることはままあるのではないでしょうか。そのため、シールラベルを日用品に使うのであれば、頻繁に出し入れしたりと使用頻度の高さに耐えなくてはなりません。特に、キッチン周りのアイテムにシールラベルを使う際には、水に強いものを選ぶ必要があるのです。
水に強い、つまり濡れてしまっても剥がれたり、しわしわになったりしないシールラベルに関しては、たとえば瓶やボトルに張り付けるのに向いています。これらは水にさらしたりしなくても、結露などでどんどん水が張り付いてしまいます。これが影響して濡れてしまい、シールラベルが?がれてしまうことが考えられるため、極力水に強いシールラベルを選ぶ必要があるのです。
これ以外でも、水の影響を受けると考えられるのなら、水に強いシールラベルを選ぶようにしてみましょう。そうすることでラベルが貼りつきやすくなりますし、間違いなく使いやすさも向上するはずです。水に強いシールラベル以外にも、様々な場面に合わせたシールラベルが用意されています。何らかの外的な刺激に強いシールラベルの活躍シーンは多いので、一つ用意してみましょう。

色付きでわかりやすいシールラベルを

シールラベルといえば、どのようなラベルをイメージされるでしょうか。真っ白なラベルや少し黄みがかっているシールラベルなどがありますが、シールラベルによっては様々な色付きの製品が用意されていることも珍しくありません。そのため、時にはこうした色付きのシールラベルを選んでみるのもよいでしょう。
この色付きのシールラベルを用意するメリットは、わかりやすさが増すことです。シールラベルは目立たなければ意味がありませんし、ボトルと内容物に差異がある場合にシールラベルはとても役立ちます。そんなときに、シールラベルに気づかず使用していると、シールラベルの意味がなくなってしまうのです。
とはいえ、白や多少黄みがかっているくらいでは、このラベルに気が付かないかもしれません。そこで、色付きラベルの登場です。様々な色から最も目立ちそうなシールラベルを選ぶことによって、誤った使い方をされることを防ぎましょう。色を変えるだけで大きな効果が得られるため、費用対効果も抜群です。色付きのシールラベルは珍しいものではありませんが、だからこそ選ぶことに対して苦労しません。パパッと用意できるため、通常のシールラベルと一緒に用意してみましょう。

記事一覧

2017/08/22
利用目的が多いシールラベルがオススメを更新しました。
2017/08/22
便利で効率的なシールラベルを更新しました。
2017/08/22
水に強いシールラベルを更新しました。
2017/08/22
デザイン性にも優れているを更新しました。

最新の情報